NPO Ki Afrikaスタッフによるブログです。
Profile
Search this site.
Key word
ケニア、スタディツアー、自立支援、NPO、NGO、アフリカ、海外支援、ボランティアインターン
MOBILE
qrcode
Others
ボランティアインターン体験レポートその4
 太田あゆ美

今回私は支援に携わる日本人の活動を知り体験したいと思い、この研修に参加しました。私は、小学生の頃から国際協力に携わる仕事をしたいと考えており、今までも他のスタディーツアー等に参加していました。そして、大学を卒業し看護師として働く前に、もう一歩踏み込んだ体験をして、今後のビジョンを明確にしたいと思っていました。

実際の研修では、保育園や職業訓練所、福祉施設、クリニック、スラムをみたり、実際に患者さんや子供達、地域の方々と触れ合ったりすることができました。多くの日本人とケニア人が協力して活動している様子、さらには運営にまで踏み込んでお話を伺うこともできました。また、多くの方々との出会いがあり、教育者、医療者、
JICAUN等の組織の関係者の方々と出会い、様々なことを教えていただきました。
多くの経験を通して感じたことは、有効な支援をするためには地域に入り込んで行う必要があるということです。物や資金を送るだけでは、富裕層の人達に使われてしまったり、そのままマーケットで売られたりしてしまいます。高度な機械等の物資を寄付しても、使い方が分かる人がいなければ、使われないままとなってしまいます。そのような意味から持続可能な支援というのは、ただ現地の人達だけで行ってもらうのではなく、先進国の者がその地に入り込み、その地の人々に合った方法を教えたり、共に創っていったりすることだと思いました。また、ケニアの中でも地域に特色があり、例えばナイロビは発展していて人も車もあふれているという様に、地域ごとの土地や人の特性を考慮することも、その地に長く滞在するからこそできることだと思います。

最後に、アフリカもバックパックも初めての私に親切に優しく接してくださり、私の今回の研修の目的をくみ取り、予定を変更する等して研修を充実したものにしてくださったキ・アフリカの皆様をはじめ関わっていただいた全ての方々にお礼申し上げます。私も将来、今回出会った方々のように、強く優しく海外で活躍できる人となれるよう頑張っていきたいと思います。

※青年海外協力隊任地訪問にて
(左から)太田、協力隊員、カベテ少年更生施設ダイレクター
ohta
| ボランティアインターン | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ボランティアインターン体験レポート その3
 上林恵理子

今回ボランティアインターンに参加して、
NGOの活動というものが、
非常に泥臭いということがよくわかりました。
支援した子供の数だけ展開される、
ヒューマンドラマの繰り返しです。
私たちは、学校が作られればその卒業生の数のぶん、
社会の教育水準が上がると思い込みがちですが、
実際にはそうではないのですね。
目前の一人の子供を救うことにどれだけの意味があるのか、
という疑問と戦いながらそれでも地道にやり続けるしかない。
見捨てるわけに行かないし、一挙に解決する方法もないでしょう。
私の場合、キ・アフリカと関連する施設しか回ってないので、
比較対象となる他の団体を知らないため、
一概には言えないかもしれませんが。
ケニアの社会制度を変えない限り、
一人ひとりを救い上げていっても
その効果は微々たる物に過ぎないのも確かです。
物事は早急に進みません。
けれど目前の問題に手一杯になり、
国全体もしくは国際社会全体のの根本問題を見ることを忘れると、
気がついたら何十年たっても事態は変化していない
ということになりかねないでしょう。
数日間滞在型の体験ができたことで、
ケニア人の考え方や感じ方に接せられたことも
大きな収穫でした。
これはキ・アフリカの企画ならではと思います。
気候や歴史的背景が違うと根本概念が
恐ろしく変わるのですね。
私はその一つ一つの発見は、とても楽しいものでした。
そして支援活動のあり方というのは、
最初から最後まで、”人”に尽きるのだなあ、
とひしひしと感じました。
どれだけ素晴らしい計画でも、
実行者に問題があれば失敗するし、
同じ理念を掲げてやり方が一緒でも、
成功できる人とそうでない人がいるでしょう。
支援される側の性格によっても、
支援の方法を変えなければならない、
ということも理論ではなく肌で感じました。
現在のケニア人の性格が、社会の欧米化に伴い、
どう変化していくのかを見るのが楽しみです。
でも日本人の考え方というのも世界から見れば
少数派であるのですよね。
今回出会った、キ・アフリカが支援している
少女たち(私と同世代も含む)、がすっかり好きになったし、
ケニア世話をして下さった方々も本当に親切でしたので、
是非近いうちにまた訪れたいと考えています。
あわよくばケニアで働きたいとすら考えますが、
何が自分にできる最大のことかをじっくり考えて、
結論を出そうと思います。
お金を作るなら日本にいて弁護士になったほうが断然得です。
ただしお金だけ出して現地に任せきりにすることは
効率が悪いことも今回学びました。
できれば自分も汗をかきたいです。
少なくとも今回のケニア行きの前にはただ
漠然としていた将来が、お陰で具体的な形になってきました。
私は数あるインターンの中からキ・アフリカを選んで
本当によかったと思います。
学生向けに本当にたくさんのボランティア企画、
スタディツアーが存在するのです。
けれどそれらは学生向けに整備されすぎていたり、
団体行動だったり、
実際の苦労を見ぬままに終わってしまうものが多、
て気に入りませんでした。
遊び気分では参加しないでほしい、
という真剣さが私の気をひいた理由です。
実際にはスタッフの方々の気遣いは大変すばらしいものでした。
また、ケニア社会の一部に放り込んでくれたことに加え、
NGOの方々に溶け込ませてくれるところも、
大きな魅力だと思います。
ただし、日本にはさまざまな学生がいて、
キ・アフリカのインターンに今まで参加した学生はその一部ですので、
今まで来た学生の例を一般化して考えることは不能ですよね。
これを私のように楽しむ人もいれば、
もう少し快適さを求める人もいると思います。
全ての人の要求にかなうプランなど存在しないので、
たとえ苦情があっても「これがケニアだ」と
がんばって毅然とした態度を貫いてほしいです。
現地スタッフの方々はあまりにいい人ばかりなので、
気をもみすぎるのではないかと心配です笑。
ぜひキ・アフリカのボランティアインターンを
多くの人に知ってもらいたいです。
規模が拡大するにつれ、特徴である柔軟性や冒険性が
失われるのではないかということが心配ですが・・・。
本当に応援してますのでがんばって下さい。
女の子達の成長振りを聞くことを楽しみにしています!!

上林
※サイディアフラハ卒業生のルースと上林さん。
ルースは日本からのオーダーで製作したドレスを試着。
| ボランティアインターン | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
JICA協力隊員訪問
 Kiアフリカのボランティアインターンは、
夏休み、春休みを利用して参加される学生さんが
多くいらっしゃいます。
今月は2人の方がケニアを回っているところです。
うち一人はJICA青年海外協力隊の
任地を訪問してきました。

ナイロビ郊外、ケニア国内に計6箇所ある少年更生施設です。
100名近くの、10歳から18歳までの少年たちが暮らし、
一般社会へと戻るためのトリートメントを行っています。

ボランティアインターンの魅力のひとつは、
現地で直接目で見て、話して、体験できる、ということ。
今回も、任地で奮闘する隊員の方から
生の声を聞くことができ、
貴重な体験になったようです。

太田さん
| ボランティアインターン | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ボランティアインターン体験レポート その2
ケニアに出会って
飯塚病院初期研修医 山岡祐衣

私は現在研修医として福岡の病院で働いています。たまたま9日間の休みをとることができ、ケニアを訪問することが出来ました。心に残ったエピソードをご報告します。

◆始まり
私は高校生ぐらいの頃から、アフリカに関する本を読んでは「いつかは行くんだ!」と思っていました。大学生の頃は「風に立つライオン」を聞いては、自分がキリマンジャロを見つめる姿を思い描いていました。将来、途上国での母子保健・貧困問題に関わりたい、という思いから、学生時代、アジアやヨーロッパの施設などをボランティアやバックパッカーとして放浪したことはありましたが、アフリカは遠くて、「お金がかかる」場所でした。
働き始めて1年半。想像以上に研修医として働く毎日は時間が全然なく、また日本の恵まれた環境の中に浸かっていると矛盾やジレンマを感じることも多く、「私がいたい場所はここじゃない気がする」「今、違う国の現状を見に行きたい」という思いが募っていました。そしてある日、急に思いました。「もう、行ってもいいんじゃないか」自分で自分に許可を出したら、急に心が軽くなって、無理やり9日間の休みをとって、アフリカに行くことを決めました。
インターネットで検索するとアフリカで活動されているNGO/NPOは沢山あります。自分が一人で行って放浪するのもいいけれど、お金も時間もない中で、現地に慣れた人に案内してもらう方が効率的と考え、また現地で活動中の日本人・ケニアの方々の話を聞きたいと考え、キ・アフリカの「ボランティアインターン」に応募することに決めました。突然見ず知らずの私から、「行きたいです。お願いします」とメールしただけで、「是非来てください」とお返事をいただき、とても心強く思ったのを覚えています。現地で沢山の方と出会い、訪問させていただき、感謝してもしきれません。

◆色んな支援の形
 今回、私が訪問させていただいた場所は、医師(元医師)が支援している「Child Doctor」、「キラキラ保育園」、職業訓練の「サイディアフラハ」、小学校支援の「ロイトクトク(ホームステイ)」、そして「アンボセリ国立公園」です。地域の人が安心して生活していく上で重要なものは沢山ありますが、その中でも健康であること、家(居場所)があること、働いて食べていけること、その大切な部分へのサポートを見せてもらえたと思います。医療、保健、保育、教育、孤児支援、職業訓練・・・、どれが一番大切、でもなくて、どれも大切で、どれも必要で、多方面からの様々な支援が必要なことを実感しました。そして色んな団体がありますが、お互いに情報交換したり連携したり、その中でまた新たな活動が進んだり、そうゆう相互作用は非常に大切だなと感じましたし、キ・アフリカのボランティアインターンという制度の良さはそのネットワーキングの現場を見せていただけることだと思います。

山岡さん2
*きらきら保育園の相原氏(左端)と共に。

◆支援する人たちの思い
私がたった1週間ちょっと訪問したとして、何もケニアに貢献できたわけではありません。現地の人から見れば金持ちの国から来た、ただの旅行者、むしろ現地の人の思いや文化、生活を傷つけたりしないかと心配に思ったりもしました。しかし、私がこの1週間で得たものは、「現場を見る」こと以上に、「現地で活動する人の思いを聞く」事にあったと思います。
20年以上も現地で職業訓練支援を続けている荒川さんも、スラムの子どもたちをサポートする体制を整えている公文先生も、ロイトクトクに小学校を設立し地元の人と一緒に頑張っている矢野さん、都丸さんも、これからNGO立ち上げて若い女性の自立を支援しようとしていた築地さんも、小さな子どもが知識、道徳、倫理、価値観などを身につける人間形成に非常に大切な時期を人生をかけてサポートする相原さんも、みなさん試行錯誤して壁にぶつかりながらも頑張っていらっしゃる一面を垣間見させていただき、「より良くしたい」「何かしてあげたい」という前向きなエネルギーに圧倒されました。ロイトクトクでホームステイさせていただきましたが、何もない場所だけど、キリマンジャロと緑の木々がきれいなその場所で、その家族のお母さんも、息子たちも、本当にみな良い人で、仲良くなればなるほど、何かしてあげたくなる気持ちがよくわかりました。
支援する方々の思い、活動力には頭が下がるばかりですが、少しだけみなさんの気持ちを教えてもらえたように思います。たまたま「ケニアのその場所」に「仲良くなった人」がいて、「友達だから助けたい」という気持ちから生まれて、活動が始まる・・・というようなものなのかもしれない、と感じました。支援・被支援者の関係は現実には対等とは言いがたいですが、お金の支援だけじゃなくて、被支援者にも自立したい・勉強したいなどの思いがあって、支援者もサポートしたいという思いがあって、お互いに支えあって成長できれば素敵だなと感じました。

◆最後に
色々と書きましたが、今回の滞在は全て、西方さんを始めとしたキ・アフリカの皆さんのおかげです。特に受け入れをしてくださった矢野さん、都丸さん、築地さんには大変感謝しています。私は小児科医になろうと思っていますが、いつかは国外でも国内でもいいので、自分と出会った人との繋がりの中で、子どもを支える活動を始めたいと思っています。あるとき、「ドクターはほんと、素敵な仕事よね〜。誰でも出来る仕事じゃないんだから、頑張ってね!」と都丸さんに言われたことを覚えています。まだまだどれだけ貢献できているか分かりませんが、このインターンで感じた思いを胸に、日々の仕事に戻ろうと思います。
本当に、ありがとうございました。

きらきら
*きらきら保育園にて年長クラス
| ボランティアインターン | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
日本からのお客様
 昨日はナマンガへボランティアインターンの方を案内しました。
ナマンガには、相原氏が創設、運営する、
キラキラ保育園http://www.geocities.jp/kj_kirakira/
があります。
新学期が始まって1ヶ月程。
キャパシティ限界のほぼ100名、
元気いっぱいの園児たちは、
ボランティアインターンの河野太さんにべったり。
手遊びなどで大いに盛り上がりました。
河野くん

ここナマンガは、タンザニア国境、
そしてキリマンジャロをはじめとする山々に囲まれた
ケニア南部の町です。
タンザニアへと続く物流の要綱の場で、
大型トラックやキリマンジャロを目指す世界中からの
登山客を運ぶシャトルバスでにぎわっています。
ナイロビから約150km、マサイ族の土地で
かつてはいわゆる牛糞で作った
マニヤッタ(家)ばかりでしたが、
どんどん近代化が進み、
大通りはコンクリート壁の店が
立ち並んでいます。
とはいえ、一歩裏通りへ入れば
まだまだ昔ながらのマニヤッタがあり、
質素なマサイの人々の暮らしが息づいています。
Kiアフリカ・ナイロビ支部で裁縫訓練中の
マサイのカサリンは、ナマンガ近郊の町出身。
彼女の家もまた古くからのまま、電気も水道もない
素朴な暮らしをしています。
カサリン実家

| ボランティアインターン | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ボランティアインターン体験レポート

Kiアフリカでは、アフリカに行き
ボランティアをしたいという希望を持つ方々のために
「ボランティアインターン」制度をもうけています。
先進国と異なり、途上国では、宿泊、食事、移動など、
日本での生活とは全く異なり、
案内・指導してくれる人がいないと行動できず、
時には危険も伴います。
この制度は、初めてアフリカに出かける人々の、
アフリカでのボランティア入門です。
現地を良く知っているスタッフの指導があれば、
初めてのアフリカでのボランティア体験もスムーズ。
将来、自分は何ができるか、どうしたら良いかなどの問いに
答えが得られることでしょう。

詳細は下記をご覧下さい。
http://www.kiafrika.org/KaigaiVol.htm

本日は、過去にご参加された方の体験レポートを
ご紹介します。

体験者:藤田雅子さん

kenyaに訪問するきっかけ

子どもの頃から漠然とアフリカに憧れを持っており、
小学生のときに黒い肌の人と結婚する!
青年海外協力隊でアフリカへ行く!
と言っていました。
大学卒業後、星野リゾートというホテルに就職。
環境にも人にも本当に恵まれていましたが、
仕事に関しては、心の底から燃えてくるものが
なかったのだと思います。
学生時代にやってきた部活、そして共に働く同僚と比べ、
心から仕事に打ち込むことができない
もどかしさがありました。
同時にやりたいと思える仕事がきっとあるはずだと、
ずっと思っていました。
2年働き、今唯一やりたいと思えることをやろう!
アフリカに行こう!と決め、仕事を辞めました。

■出発するまで
知り合いの誘いで学童保育所で
春休みのアルバイトをしました。
私自身、小学校の6年間通い大好きな所でした。
短期間でしたが思いがけずとても楽しく、
アフリカから帰ってきたらまたやりたいと思いました。
どんな方法でアフリカへ行こうかと
インターネット探していたとき、キ・アフリカを見つけました。
日本、ケニアで細かくサポートしてくれ、
また現地の施設を紹介してくれたり、
自由に過ごすこともできるというのは、
私にぴったりだと思いました。
30L程のリュックひとつで、出発しました。

■ケニア・ウガンダで
飛行機を降りた瞬間からアフリカ好きだなと思えました。
何よりも黒い肌、瞳は美しいと思います。
孤児院滞在、病院・大学訪問、図書館作り、
サファリ、スラム、ライル川ラフティング、
美しい海岸沿いも行きました。
ウガンダでは数年前まで内戦状態だった地域に行きました。
当時子供が誘拐され少年兵にされていました。
同年代の人達が、「誘拐され命からがら逃げてきた」
「20年間不安の中で生きてきた」などと話してくれました。
生まれた場所が違うだけで、
こうも異なる人生を歩むんだと衝撃を受けました。
日本とは全く違う環境の中、日本には無い開放感、
美しさ、危険、生きることの難しさ、
明るさ、もどかしさ、生きる力を感じました。
「圧倒的な大自然」「美しい人間」
そして「子ども達の可能性」、
また田舎に行け行くほど「美しい文化」がありました。
一杯の洗面器の水で、
全身を洗うことができるようになった頃には、
人間に「本当に必要な物」は少ないんじゃないか?
そして、その少ないものを大切にするような生き方をしたい、
と思うようになりました。
それまでの人生の中でも感じていたことですが、
3ヶ月の滞在で気付かされたことは、「人が好き」
「いろんな人に支えられてアフリカに来ることができ、
これまでもずっとそうだった」ということ(かもしれません)。
fujita 1

■帰国して
迷わず、学童保育所での仕事を始めました。
それと並行して保育士の試験勉強を始めました。
子どもの成長に関わる仕事は、
難しさと共に大きな喜びを感じられ、
本当に日々感動とやりがいがあります。
また、アフリカのことを伝えたいという思いも生まれ、
幼少時からお世話になっていた近所の方や友人に声をかけ、
ケニアで保育園をされている相原さんの講演と、
私自身アフリカで何を見てきたのか報告をしました。
40名近く集まってくれました。
またサイディアフラハの荒川さんとカルリさん来日時には、
子どもや親御さんとの交流会を行いました。

■今後は  
昨年11月に保育士に受かり、
今年4月からは神奈川の児童養護施設で働きます。
未来のことはまったく分かりませんが、
子ども アフリカ 自然 この3つが自分の中の今思うテーマです。
それぞれの形で、また時には融合させながら、
この先もずっと関わっていけたら幸せです。

fujita 2
| ボランティアインターン | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ