NPO Ki Afrikaスタッフによるブログです。
Profile
Search this site.
Key word
ケニア、スタディツアー、自立支援、NPO、NGO、アフリカ、海外支援、ボランティアインターン
MOBILE
qrcode
Others
<< 分け合うこと | main | 技術向上を目指して >>
始業式
 年が明けて、ケニアではほとんどの企業の仕事始めが
1月3日から。
クリスマス休暇中スカスカだったナイロビ市内の主要道路は、
早速大渋滞が始まりました。
各種学校の始業も今週から来週にかけて。
KiAfrikaが支援している学校のひとつ、
タンザニアとの国境近く、キリマンジャロ山の麓、
ロイトクトクというマサイランドに位置する、
サウス・ムワンジ・アカデミーは2009年に開校。
開校2年目を迎える今年の始業式が、昨日行われました。

kilimanjaro

ケニアではキバキ大統領政権になってからこの10年、
8年間の初等教育が無償で受けることができるものの、
学校数は圧倒的に足りず、
一クラス80人等というマンモスクラスで
充分な授業が受けられないことから、
少しでも余裕がある家庭は
子供を質の高い私立校へ通わせます。
このサウス・ムワンジ・アカデミーは、
学校数が足りていない地に2年前、
KiAfrikaナイロビ支部代表の矢野とその仲間を始め、
東京都渋谷区の保育士と皆さんとその知人の支援で
2010年に設立しスタートしました。
開校当初から入学希望者が殺到し、
予定していた倍の約80名の生徒でスタート。
今年度はさらに増えて、120名に達しました。
教員増員、校舎造営と、運営陣は
生徒増加の対応に追われていますが、
これはケニアに圧倒的に学校数が足りていないこと、
そして政府の初等教育無償化が、形骸化していることを
如実に物語っているのです。

| サウス・ムワンジ・アカデミー | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック