NPO Ki Afrikaスタッフによるブログです。
Profile
Search this site.
Key word
ケニア、スタディツアー、自立支援、NPO、NGO、アフリカ、海外支援、ボランティアインターン
MOBILE
qrcode
Others
<< 日本からのお客様 | main | 恵みの雨 >>
ボランティアインターン体験レポート その2
ケニアに出会って
飯塚病院初期研修医 山岡祐衣

私は現在研修医として福岡の病院で働いています。たまたま9日間の休みをとることができ、ケニアを訪問することが出来ました。心に残ったエピソードをご報告します。

◆始まり
私は高校生ぐらいの頃から、アフリカに関する本を読んでは「いつかは行くんだ!」と思っていました。大学生の頃は「風に立つライオン」を聞いては、自分がキリマンジャロを見つめる姿を思い描いていました。将来、途上国での母子保健・貧困問題に関わりたい、という思いから、学生時代、アジアやヨーロッパの施設などをボランティアやバックパッカーとして放浪したことはありましたが、アフリカは遠くて、「お金がかかる」場所でした。
働き始めて1年半。想像以上に研修医として働く毎日は時間が全然なく、また日本の恵まれた環境の中に浸かっていると矛盾やジレンマを感じることも多く、「私がいたい場所はここじゃない気がする」「今、違う国の現状を見に行きたい」という思いが募っていました。そしてある日、急に思いました。「もう、行ってもいいんじゃないか」自分で自分に許可を出したら、急に心が軽くなって、無理やり9日間の休みをとって、アフリカに行くことを決めました。
インターネットで検索するとアフリカで活動されているNGO/NPOは沢山あります。自分が一人で行って放浪するのもいいけれど、お金も時間もない中で、現地に慣れた人に案内してもらう方が効率的と考え、また現地で活動中の日本人・ケニアの方々の話を聞きたいと考え、キ・アフリカの「ボランティアインターン」に応募することに決めました。突然見ず知らずの私から、「行きたいです。お願いします」とメールしただけで、「是非来てください」とお返事をいただき、とても心強く思ったのを覚えています。現地で沢山の方と出会い、訪問させていただき、感謝してもしきれません。

◆色んな支援の形
 今回、私が訪問させていただいた場所は、医師(元医師)が支援している「Child Doctor」、「キラキラ保育園」、職業訓練の「サイディアフラハ」、小学校支援の「ロイトクトク(ホームステイ)」、そして「アンボセリ国立公園」です。地域の人が安心して生活していく上で重要なものは沢山ありますが、その中でも健康であること、家(居場所)があること、働いて食べていけること、その大切な部分へのサポートを見せてもらえたと思います。医療、保健、保育、教育、孤児支援、職業訓練・・・、どれが一番大切、でもなくて、どれも大切で、どれも必要で、多方面からの様々な支援が必要なことを実感しました。そして色んな団体がありますが、お互いに情報交換したり連携したり、その中でまた新たな活動が進んだり、そうゆう相互作用は非常に大切だなと感じましたし、キ・アフリカのボランティアインターンという制度の良さはそのネットワーキングの現場を見せていただけることだと思います。

山岡さん2
*きらきら保育園の相原氏(左端)と共に。

◆支援する人たちの思い
私がたった1週間ちょっと訪問したとして、何もケニアに貢献できたわけではありません。現地の人から見れば金持ちの国から来た、ただの旅行者、むしろ現地の人の思いや文化、生活を傷つけたりしないかと心配に思ったりもしました。しかし、私がこの1週間で得たものは、「現場を見る」こと以上に、「現地で活動する人の思いを聞く」事にあったと思います。
20年以上も現地で職業訓練支援を続けている荒川さんも、スラムの子どもたちをサポートする体制を整えている公文先生も、ロイトクトクに小学校を設立し地元の人と一緒に頑張っている矢野さん、都丸さんも、これからNGO立ち上げて若い女性の自立を支援しようとしていた築地さんも、小さな子どもが知識、道徳、倫理、価値観などを身につける人間形成に非常に大切な時期を人生をかけてサポートする相原さんも、みなさん試行錯誤して壁にぶつかりながらも頑張っていらっしゃる一面を垣間見させていただき、「より良くしたい」「何かしてあげたい」という前向きなエネルギーに圧倒されました。ロイトクトクでホームステイさせていただきましたが、何もない場所だけど、キリマンジャロと緑の木々がきれいなその場所で、その家族のお母さんも、息子たちも、本当にみな良い人で、仲良くなればなるほど、何かしてあげたくなる気持ちがよくわかりました。
支援する方々の思い、活動力には頭が下がるばかりですが、少しだけみなさんの気持ちを教えてもらえたように思います。たまたま「ケニアのその場所」に「仲良くなった人」がいて、「友達だから助けたい」という気持ちから生まれて、活動が始まる・・・というようなものなのかもしれない、と感じました。支援・被支援者の関係は現実には対等とは言いがたいですが、お金の支援だけじゃなくて、被支援者にも自立したい・勉強したいなどの思いがあって、支援者もサポートしたいという思いがあって、お互いに支えあって成長できれば素敵だなと感じました。

◆最後に
色々と書きましたが、今回の滞在は全て、西方さんを始めとしたキ・アフリカの皆さんのおかげです。特に受け入れをしてくださった矢野さん、都丸さん、築地さんには大変感謝しています。私は小児科医になろうと思っていますが、いつかは国外でも国内でもいいので、自分と出会った人との繋がりの中で、子どもを支える活動を始めたいと思っています。あるとき、「ドクターはほんと、素敵な仕事よね〜。誰でも出来る仕事じゃないんだから、頑張ってね!」と都丸さんに言われたことを覚えています。まだまだどれだけ貢献できているか分かりませんが、このインターンで感じた思いを胸に、日々の仕事に戻ろうと思います。
本当に、ありがとうございました。

きらきら
*きらきら保育園にて年長クラス
| ボランティアインターン | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック