NPO Ki Afrikaスタッフによるブログです。
Profile
Search this site.
Key word
ケニア、スタディツアー、自立支援、NPO、NGO、アフリカ、海外支援、ボランティアインターン
MOBILE
qrcode
Others
<< 長らく・・・ | main | ”人のため”とは? >>
冬のナイロビ
 ご無沙汰しています。
ブログ管理人、真夏の日本から冬のナイロビへと
戻ってまいりました。
いやぁ、寒い寒い!
一日中どんよりとした曇り空で、
気温は最高でも20度前後。
今日は早朝からしとしとと雨も降ったりやんだりで
これがケニアの年間で最も寒い冬です。
でもこんな冬でも雪は降りません。
日本の冬に比べれば、暖房なしでも何とか過ごせるほど。
ですが、年間のほとんどがカラッと暖かさと暑さが
適度にミックスした快適な気候に慣れているため、
毛糸の帽子にマフラーにロングブーツ、
と全身完全防寒の装いのケニア人もいて、
日本人からすると、「着過ぎでしょ〜!」というところですが、
ナイロビ生活が4年を超えた私自身、
もはやケニア人と同じような状態です。

とはいえ、こうした冬のつかの間、2ヶ月ほど。
ケニアの”春の足音”を予感させる、ジャカランダの花が
ちらほらと咲き始めています。

ブラジル原産のジャカランダは、ケニアを始めとする
赤道以南のアフリカ各国で、
暖かくなる9月頃から咲きます。
薄紫色の細長いラッパのような形をした花で、
ジャカランダが満開に咲き乱れる頃には、
日本の桜のように霞がかって
街中が紫色に彩られます。
春の到来が待ち遠しい今日この頃です。

写真は曇り空にまだ花をつけていないジャカランダの樹。
じゃからんだ
| ケニア生活 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック