NPO Ki Afrikaスタッフによるブログです。
Profile
Search this site.
Key word
ケニア、スタディツアー、自立支援、NPO、NGO、アフリカ、海外支援、ボランティアインターン
MOBILE
qrcode
Others
<< ナイロビ日本人学校 四十周年記念 | main | 早川千晶さんと日本からのお客様 >>
ケニア的クリスマス
xmas.JPG

間もなく今年も終わり。師走を間近に控えたケニアでは、
街中でクリスマスデコレーションが始まりました。
クリスチャンが圧倒的多数を占めるケニアでは、12月半ばからクリスマスホリデーとなり、
お正月よりもクリスマス24日〜26日(ボクシングデー。植民地時代の名残で、
メイド等の使用人たちがBox=プレゼントをもらって休暇となったことから、
Boxing Dayと名づけられた祝日)を中心に、クリスマス休暇に重きがおかれています。
この時期、赤道直下のケニアは雨季があけて夏の気候。
「ホワイトクリスマス」を謳う、私たち日本人のクリスマスムードとは全く異なり、
雪などなく、バナナの皮で作ったバオバブの木をクリスマスツリーに見立てて、
電飾等で飾り立てます。
12月に入れば、ショッピングセンターで”黒い”サンタクロースが登場することでしょう。
クリスマスの華やかなムードとはうってかわって、お正月はあっさり。
大晦日のカウントダウンを終えれば、もう日常生活に戻ります。
企業等は1月2日から通常営業。
日本人なら、お屠蘇におせち料理に舌鼓を打ち、せめてお正月三が日は家でまったり、
といきたいところですが、そうもいかない、ケニア的クリスマスホリデーなのです。
| ケニア生活 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック